人事や経理など管理部門への転職なら『DODA』

転職サイトである「『DODA』は、人事や経理、法務や総務といった管理部門の転職にも強い転職エージェントです。管理部門に転職を希望している方に、ここでは転職を成功させる為の秘訣をご紹介したいと思います。

 

まず、転職を成功させるには「過去の業績や成果」をしっかりとアピールするのが重要です。また、応募した企業の業務範囲をしっかりと理解した上で、自分自身が今までに培ってきた経験がどのようにいかせるのか?またはカバーできるのか?ということをしっかりと考えなければなりません。また、有利に働く資格もあるでしょうから、資格を有効活用したり、もし持っていないようであれば、現在勉強中もしくは、資格取得に向けて動いている事をアピールする事が大切です。また業務範囲や領域についてのすり合わせをしたりと言う事も重要です。管理部門というのは、その業務内容から調整役に回らねばならない事も多いので、コミュニケーションスキルが重要視される為、そのあたりのアピールも大切であると思います。

 

管理部門の求人というのは即戦力を求めており、その中でも高い専門性を持った人の採用について積極的に行われています。ですから、先ほどご紹介したような内容をしっかりと押さえて、転職活動をされるとよいでしょう。

 

企業の規模により、管理業務の業務範囲や業務領域というのは違いがあります。そのため、志望している企業に関して表向きの仕事内容のみを見るのではなく、細かが内容も確認し、自分にどんな仕事が任せられるのかという事をしっかり把握しておく必要があります。

 

企業によっては、総務部と人事部の業務が兼任になっていたりする所もあれば、人事部の中でも細かく個々の仕事内容が分かれており、採用や人事制度、社会保険など部署内でさらに細分化されている場合もあるのです。

 

また、これは大手特有になりますが、新卒採用チームと中途採用チームと分けられることもあるようです。経理についても同じ事が言えます。

例えば経理において重要な仕事の1つである「決算」ですが、この決算を何人体制で業務を行っているのかや、経理業務はどこまでが自社で行い、どの部分を外部に委託しているのか?というのを理解し、その上で自分自身に期待される仕事の内容は何か?を把握することで、入社したとに後悔することなく仕事に取り組むことが出来るのです。

 

企業の規模が小さくなれば、管理部門のおける仕事内容というのは、1人あたりに課せられる内容が多くなります。そのため、様々な業務がこなせる能力が求められたりもします。その逆に大手になればなるほど細分化されてゆき、より専門性を発揮した仕事内容を求められることが多くなります。どんな会社であれ、まずは自分がどの程度までの仕事を任せられるのか?という事を採用担当者から詳しく聞くことが重要なのです。
人事部1つとっても会社によっては求められる業務範囲も異なるので、正しく理解する事が最も重要となります。

 

もし現在転職活動において管理系の職種を検討されている方は、是非とも『DODA』をご活用ください。転職のスペシャリスト達による有益なアドバイスはもちろんの事、様々なサービスが受けられます。


このページの先頭へ戻る