大手メーカーにはかかせないエンジニアという職種。DODAの求人情報は?

転職市場の中でも、キャリア求人というジャンルで目立つのが大手企業(メーカー)の存在です。自動車メーカーや、電子部品などを制作するメーカーでは、社内に人材マネジメントの子会社を設けるなど、常に技術職の転職採用を行っています。DODAのキャリアコンサルタントは、職種別エージェントの強みを持っています。

 

同じ技術系でもIT系の専任コンサルタントや化学系など、その専門性が際立っており、大手企業の部署に食い込んで情報収集と、人事担当者との接触も頻繁に行っています。気をつけたいのは、技術系は「キャリア転職」がメインである、ということです。ですが、それは大学で技術系専攻だったから、ということが基本であるわけではありません。

 

DODAの転職サイトでは、エンジニア募集に「Web担当者」が多く含まれています。エンジニアは通常、新卒の文科系社員が社内教育を受け、スキルが急激に向上する分野でもあります。彼らは文系という知力を生かして、Webエンジニアでもあり、コンサルティングも出来る立場にあります。

 

そのため、転職希望者に「エンジニア」として転職するよりも「コンサルタント」として転職するように、新たなフィールドを示唆することがあります。つまり、表面的な職選びではなく、ビジネス環境の変化そのものを、転職希望者に伝えるようにしているのです。

 

IT、Web業界では自分の実力分析に非常に興味のある人が多く、数値化した分析で職種を選択する傾向があるようです。DODAの場合は、こうしたエンジニア独自の目線をグラフ化することで、自分がどういったタイプで、その実力分析はどうか、どういった分野で強みがあるかを的確に判断するシステムを導入しています。

 

この場合は、非常に迅速に自己分析ができ、スキルの内容や今後のポテンシャルと求人企業のフィールドとのマッチングを図ることができるのですが、あまりにも細かい分析に入り込むことで、自分の持てる力を限定してしまうリスクも抱えてしまいます。

 

そのため、いわゆるキャリアコンサルタントは、エンジニアであるからこそ陥りやすい「職務履歴書」の書き方といった「本人の熱意を示す部分」への注意、傾注に時間を割いていま。エンジニアには、キャリア形成の高い目標がある人材が多く、不採用の場合の原因を究明しようとしてくる人が少なくありません。ですので、一旦不採用になった人材が、再チャレンジで採用通知を手にするなど、キャリアコンサルタントとの二人三脚が成功した例が、少なからずある、ということを覚えておきましょう。


このページの先頭へ戻る