充実しているDODAの人材紹介サービス

求人企業の多くはハローワークや雑誌媒体、あるいは広告で人材を募集するのが普通でしたが、最近は転職エージェントに依頼する傾向が強まっています。これは雇用という作業が企業側が能動的に行う人事案件であったのに対し、アウトソーシングで人材を登用するという、まったく新しい人事作業の形です。

 

特徴としては、企業が採用活動するに当たって、それだけ企業内の情報を転職エージェントに開示する必要が出てきます。つまり、そこには人材募集という観点から「企業情報」を扱う情報産業として、転職斡旋企業側が能動的に動く姿が現れてきます。その結果、DODAの採用支援サイト「採用支援サービス」が存在しています。ここでは様々な担当者がひとりの人材の管理を行います。

 

人材を紹介する、という作業は「企業」と「転職応募者」とのマッチングが欠かせません。ですが、マッチングの手法はもともとアメリカで開発されたもののため、DODAはシステムを日本型に修正し、徹底的に運用しています。そのため、経験値のあるコンサルタントが経験の浅い初級者に、トレーニングを繰り返し行っています。メンタル面からコーチング、そしてシステムの使い方などを、こなしていくことで、クライアントの信頼を得ているのです。

 

DODAの大きな特徴には「グローバル新卒」「エグゼクティブ転職」「障害者転職」といった専門領域の存在です。特に、グローバル新卒は海外での大学を卒業した高成績の人材に焦点を当て、企業に紹介するというネットワークを構築しています。

 

また、エグゼクティブ転職は管理職候補者の紹介、また障害者転職は法律改正に伴う精神障害者の雇用と、その実効性をコンサルティングする、というものです。こうした専門領域は、常に優秀な人材を「確保」しておかないと、クライアントに満足な結果をもたらせません。そのため、DODAは海外にも拠点を数多く持ち、サイトでの露出度も非常に多く、効果的に行っています。

 

人材を紹介する、という作業は実際は非常に「人間的な要素」がかなりあります、それは転職希望者本人の意向以外に、配偶者や家族の賛同がなければ難しい、という理由からです。これは当事者でなければ解決不可能な問題が多く、そのために多くのコミュニケーションが必要となります。キャリアコンサルタントは基本的にカウンセラーとなることは出来ません。それは、答えを導きだす仕事ではないからです。まずは、人材そのものをよく観察することが、転職というイベントの成功の始まりであり、それは企業の人事担当者にとっても同じことなのです。


このページの先頭へ戻る