大阪での求人にもしっかり支援してくれるDODA

大阪の転職事情を考えた場合、転職サイトを使いつつ、自分で積極的に自分を売り込むスタイルが大事、という話があります。大阪ではどのような人たちが転職で成功するのか、これはスキルやキャリアも大事なのですが、まずは「明るさ」「元気よさ」なのです。

 

電話口一つでいかに自分を明るく語れるか、まずはここに重点がおかれます。世界でも激動のビジネス環境にある中国や韓国のビジネスマン研修の場は、東京ではなく大阪なのです。もの作りを代々受け継いで行く文化は関西ならではです。

 

DODAは、東京圏、関西圏、名古屋圏に強い、と言われていますが、大阪でも大企業から中小企業まで圧倒的な求人数を抱えています。大阪は上位3社の転職斡旋企業がシェアを占めていますが、DODAは転職支援という分野では一歩リードをしています。

 

大阪は大企業よりも中規模企業での人材が常に不足しており、DODAでもかなりの情報を持っています。ですが、最近の20代、30代の大規模企業への転職希望傾向が強く、なかなか中規模企業のメリットを表現できていません。そのため、大阪でも企業転職フェアを開催し、非常に活況を呈しています。

 

関西の企業文化は非常に「気配り」を大事にする伝統があります。ですから、DODAのキャリアコンサルタントは、なかば「カウンセラー」と呼ばれることさえあります。実際にキャリアコンサルタントは応募者のカウンセリングは行いませんが、大阪のDODAでは、応募者に「ビジネスマナー」「気配り」などをしっかりと指導することがあります。そのため、非常に厳しい対応をするなあ、と感じる応募者がいるようですが、面接で有益なケースが多く、人気があるのです。

 

最近は、大阪よりも東京の方が景気がよい、と思って東京で転職先を探す人がいますが、実際には転職に成功している人は多く、書類選考で落ちてしまう人は場所は無関係のようです。ただ、大阪では人物評価があって、スキル評価があるというのが基本です。ハキハキとした口調、面接での事前準備などをしつこいほど行うことが肝心です。DODAの大阪では、こうしたことにも非常に力を入れています。


このページの先頭へ戻る