実際のDODAの実力はどーだ!?

転職市場は常に流動性が高く、期待される人材も多種多様になっています。そのため、大学の就職課が対応する就職活動とは、まったく異なるシステムで、転職事業を展開しています。これは実際に企業側からみた実力、として記してみましょう。企業から見れば、中途採用は「人材育成費用」を投下せずに採用できるメリットがあります。ここに着目すれば、キャリアよりもスキル重視の転職者を採用することになります。

 

ですが、スキルは経験で積まれることがほとんどであり、結果的にポテンシャルを考慮する転職が多くなりがちです。そこで、DODAでは、30代のポテンシャルかつキャリア転職にも力を入れています。DODAの実力といえば、このポテンシャル採用にも多くの成功を収めているところでしょう。

 

30代前半までの転職者には、転職の「核」ともいえるべき柱が揺らいでいる応募者が数多く見られます。景気のブレ、企業活動のブレなどの影響をまともに受けている若年層には、スキル修得の機会が得られずに経験だけを重ねてきた逸材も多くいるのです。こうした人材をどうやって採用へと導いていくのか、これには実際に人事担当者の経験やキャリアコンサルタントの経験がなければ、方策は見つからないはず。

 

ですが、DODAの場合は、会社そのものが他業種からの転職人材によって活気を生んでいるといっても過言ではありません。ですから、時には厳しい見方で転職応募者に面談することがあります。「核」がなければ採用には至りませんから、志望動機をしっかりと応募者から引き出します。もちろん、全ての転職応募者が成功を収めるわけではありません。

 

ただ、大事なことはDODAの場合は、「応募者の質を捉える」面で非常に長けている、ということです。もし、応募者に適性のない企業を紹介しても、転職採用は難しい。だからといって応募者の希望業種が明らかに違うジャンルでは、紹介できにくいものです。

 

ですが、DODAのキャリアコンサルタントは「ビジネスチャンス」と捉えて応募者の可能性を探る努力を行っています。ミスマッチングでは、クライアントへとの信頼関係は崩れてしまいますが、積極的なポテンシャル採用の場合は、人材が大化けすることが大いにあるのです。そこを会社として何度も繰り返しているからこそ、実力のほどは折り紙付きといってよいでしょう。


このページの先頭へ戻る