転職に失敗してしまったら? DODAに再登録するということ

転職して数ヶ月でまた転職、こういう状況は決して珍しいことではありません。事実だけいえば、これは転職の失敗事例です。こうした場合、一番困るのは誰か、という問題になります。まずは求人企業があげられ、そして転職エージェントも求人企業へ手数料の返還あるいは、違約金を支払わないとならないケースがあります。ですが、一番困るのはやはり転職応募者本人なのです。転職には非常に多くのスキルとエネルギーを必要としますが、それでも失敗してしまうには、はっきりとした原因があるようです。

 

まずは「ゴールの設定の失敗」です。転職応募者にとってのゴールは「採用通知をもらう」ことではありません。その先の自分の姿が明確でなければならないのです。にもかかわらず、大抵は転職先に落ち着くことで、達成感を感じてしまうのです。そのため、転職して数ヶ月はなかなか実力が発揮できないことで、精神的に参ってしまう人が少なくありません。これは、転職の現状をしっかり理解していないためにおこる現象です。そして、転職先でいち早く実績を出さねばならない、というあせりが出て来ることからのダメージが出て来るのです。

 

転職者がスキルを武器に転職できる回数は限られています。それは、雇用制度にもあります。あまりにも多く転職するとデメリットが出てきます。まずは退職金といった積立型の老後資金の受取です。これは同じ確定拠出年金制度を使っている企業の中で転職を繰り返すならば、問題はないかもしれませんが、実際は運用という面で自分でその仕組みをうまく使わなければならないのです。そうした場合に、年1度の講習会に出て、運用実績などを確認するなど人生設計にかかわる問題は転職で「途切れて」しまうことがあり得るのです。

 

転職応募者の再登録は、非常にシビアなのが現実です。ですが、世の中には突然の事故や事件によって、職場がなくなったり自分に災難が降り掛かることがあります。そうしたことも承知の上で、スキルを高め、事情をしっかりと斡旋会社に伝えるには、やはり事情を細かく提示することが大事です。転職応募者にはいろいろな事情がありますが、人材の価値は人事担当者がどう判断するか、ということで決まります。DODAのキャリアコンサルタントによく、そのあたりの事情を連絡することがよいでしょう。


このページの先頭へ戻る