転職カウンセリングを受ける【DODAガイド】

登録の次はカウンセリングを受けてみましょう

 

『DODA』へ登録が済んだあと、次のステップはカウンセリングを受けることです。一般には、エージェント会社へ行って、カウンセリングを受けますが、もしも遠方にお住まいの場合は、電話でカウンセリングをする場合もあるようです。

 

カウンセリングは、『DODA』の転職専門キャリアアドバイザーが担当します。キャリアアドバイザーには、今までの職歴、転職をしようと思った経緯、転職先の希望、希望給与や就業の条件などを正直に申告しましょう。これは企業とのマッチングを判断する際の重要な情報となるため、なるべく詳しく、かつ正しく申告してください。

 

キャリアアドバイザーは面談を通して求職者にマッチングした転職先をデータから検索してくれます。マッチングの精度を上げるためにも、今までの職歴や希望条件は正しく伝えることが大切です。

 

キャリアアドバイザーと相性が合わないと感じたらどうしたらよいでしょうか。心配することはありません。エージェントに正直に伝えて、キャリアアドバイザーを交代してもらいましょう。キャリアアドバイザーとのコミュニケーションは転職を成功させるカギとなります。より良いコミュニケーションがとれるキャリアアドバイザーと出会えれば、転職活動はスムーズに進むでしょう。

 

キャリアアドバイザーは頼りになる存在ですが、主体は求職者であるあなたです。キャリアアドバイザーは求職者へ適切なアドバイスを行って、求職者の転職活動をあくまでも「お手伝い」するのが仕事です。そのことを忘れないようにしましょう。

 

キャリアアドバイザーとのコミュニケーションによって、求職者の人柄も評価されます。エージェントはクライアントである企業には優秀な人材を紹介することによって、クライアントからは信頼・信用という評価を受けます。エージェントとしては、自社の評価が下がるような人材は紹介しないでしょう。

 

転職を真剣にお考えでしたら、キャリアアドバイザーとは真摯に向き合ってください。サポートをしたいと思われる人材でしたら、エージェントは全力でサポートをしてくれることでしょう。転職活動を成功させるには、エージェントのサポートを受けることが一番だと思います。後悔のない転職をするために、エージェントへは誠実に応対していきましょう。その真摯な姿勢が、求職者であるあなたの評価を高くしていきます。


このページの先頭へ戻る