求人の紹介を受ける【DODAガイド】

『DODA』との面談・カウンセリング後、『DODA』ではあなたの経験や希望にマッチするいくつかの求人を探してくれます。紹介された求人に対して興味があれば、担当のアドバイザーに連絡をして応募の可否を確認し、応募・面接という流れになっています。

 

 

エージェントから紹介される求人は、主に以下の3パターンに分かれます。

 

「紹介できる求人がない」という連絡が来る
希望とは異なる業種・職種での案内が来る
希望通りの求人が紹介された

 

今回は、それぞれのパターンについての対処法をご説明します。

 

「紹介できる求人がない」という連絡が来る

あなたの提示する条件にこだわりが強すぎたり、許容できる幅が狭いと、当然ながら紹介できる求人の数は減ってしまいます。紹介できる求人がないということは、あなたが現状で持っているスキルに対して、希望する条件が合っていない事が考えられます。現状を真摯に受け止め、条件を緩めるのか、希望の条件で採用されるよう現職でスキルアップするのか、決断が迫られます。何らかの手を打たない限り、問題は解決しません。

 

「ご紹介できる求人がありませんでした」といったような連絡を受けて、それを『DODA』のせいにしていてはいけません。担当のキャリアアドバイザーには相談にのってもらうこともできますので、スキルが不足しているのか、給与など希望条件が厳しいのか、アドバイスを受けてあなたの考える条件を再考することになります。現実を受け止めた上で、今後の転職活動をどうしていくべきか考えてみましょう。転職エージェントでの職探しは、不動産会社で家を探ようなものです。

 

また、求人は時期や景気動向などによっても求人数は大きく左右します。現在、あなたが希望する求人が出なかったという場合も考えられます。その場合には、転職活動の時期を見合わせ、市場の動向に目を配らせ、時期を見計らうなどタイミングを待った方が良いかもしれません。

 

希望とは異なる業種・職種での案内が来る

この場合は、紹介された求人に無理に応募する必要はありません。ただ、キャリアアドバイザーにあなたの希望が正しく伝わっているのか、キャリアアドバイザーが上手くあなたの希望を把握できていないのか、その両方なのか、確認する必要があるでしょう。

 

紹介された求人を断る場合には、なぜその求人に応募しないのかをキャリアアドバイザーにきちんと伝えて、改めてどのような内容の求人が希望なのか、明確にしていきましょう。希望の求人を紹介してくれないキャリアアドバイザーに対して不満を言うのではなく、コミュニケーションを取りながら積極的に意見をし、紹介精度を高めて行くことが転職への近道となります。

 

あなたから動かなければ、そのまま転職活動を進めていても進展は難しくなります。

 

希望通りの求人が紹介された

希望している求人が紹介された場合には、さっそく応募をしてみましょう。人気の職種・業種は倍率も高く、動きも速いため、早々に求人が締め切られることも多いのです。質問や疑問点がある場合には、積極的にキャリアアドバイザーに確認して、応募する前の不安をなくし、入社してから自分の希望とのギャップがないように努めましょう。

 

『DODA』では企業の情報を豊富に持っていますので、可能な範囲ですぐに答えてくれます。『DODA』の方ですぐに分からない内容であれば、企業の担当者に確認して回答してくれるはずです。


このページの先頭へ戻る