転職の成否を分ける面接開始【DODAガイド】

転職エージェントを通じての応募でも、書類選考の次は面接を受けることになります。面接で気をつけることは次の点です。

 

・面接の日時を調整する

・面接の準備をする
・面接当日の注意
・面接後の心がけ

 

◇面接の日時を調整する

書類選考を終えて、面接を受けることになった場合、『DODA』と面接の日時の設定を行います。もしも、応募先がどうしても転職したいという企業であれば、面接の日時の選択肢をできるだけ広げるようにしましょう。クライアントである企業の担当者の方は忙しいでしょうから、企業の希望にも沿えるように自分のスケジュールの調整をしておくとよいでしょう。

 

面接の日程が早めに決まることによって、応募者としてのあなたの印象度も上がるでしょう。

 

◇面接の準備をする

面接の日時が決まったら、面接の準備をはじめましょう。

 

準備といっても、何をどうすればいいか、と思われるでしょう。『DODA』にご相談されて、アドバイスをもらうといいでしょう。『DODA』は、クライアント企業の情報を豊富に持っていますので、役に立つアドバイスをいただけるのではないでしょうか。エージェントを利用しない一般の応募者に比べたら、かなり有利な情報を事前に得ることができるでしょう。

 

また、ご自分でもクライアント企業のサイトを参照して、その企業についての情報も把握しておくことをお奨めします。企業の場所を確認して、交通機関、所要時間も確認しましょう。

 

また、面接に必要な持ち物もエージェントに確認しましょう。面接当日、あわてたり、遅刻したりすることのないように、準備をしましょう。

 

◇面接当日の注意

面接にはエージェントが同行してくれる場合と、同行しないので応募者であるあなたが一人で臨む場合があります。

 

転職エージェントが面接に同席する場合は、次のような理由からです。

  • クライアントである企業が慣れていないために、エージェントに同席を依頼している。
  • エージェントが面接に同席して、面接の状況・内容などを今後の活動に反映させる。
  • 求職者のフォローのために同席する。

 

エージェントは求職者の転職をお手伝いするために同席しています。求職者の方の面接が有利に運ぶように気配りしていますので、不安になることはありません。エージェントが同席しても、面接を受けるのは求職者であるあなたですので、相手先企業の方には誠実に応対してください。

 

相手先企業はエージェントより応募者であるあなたの経歴や希望条件などの情報を事前に入手しています。それらの情報に基づいて面接は進行します。ご自分のスキルを過大にアピールする必要もありません。経歴やスキルについては正直にお話しいただけるのが一番でしょう。面接では経歴やスキルだけではなく、人柄も評価としては大切なポイントとなります。必要以上にアピールなどをすると、かえってマイナスの評価をされてしまう虞もあるでしょう。それに、もし自分の実力以上にアピールをして、その結果入社した場合、ミスマッチに苦しむことになるでしょう。ミスマッチというのは、企業にとってもダメージですが、一番ダメージを受けるのは応募者のあなたであることをお忘れにならないでください。面接では、正直に誠実にご自分のことをお話しされるのがいいでしょう。あなたのプラス面、マイナス面を総合的に評価してもらうことが正しい評価につながるのではないでしょうか。

 

相手先企業も自社のことをプラスの面ばかりを強調することもあるかもしれません。求職者には好印象を持ってもらいたいという一心から、マイナス面は敢えて言わないでしょう。面接時は、相手先企業の社風も伝わってくるでしょう。どのような企業かを冷静に見抜いて判断できるように、事前にエージェントや企業のサイトで情報を入手しておくといいでしょう。自分がその企業の一員として気持ちよく仕事ができるかどうかを感じるチャンスですから、面接は自分が評価されるだけではなく、自分が企業を評価する場ということも心にとめて落ち着いて臨んでください。

 

◇面接後の心がけ

面接を終えたら、エージェントには正直な感触を伝えましょう。面接での感触が良かった時は、その旨をエージェントに伝えましょう。出来れば「入社に前向き」ということを伝えておくと良いでしょう。エージェントを通じてクライアント企業へはそのことが伝わりますから、企業も候補として考慮してくれるでしょう。企業としては、応募者がどのような感触を持ってくれたか大変関心があるのです。応募者が自社に好印象を持っていると知れば、企業としては、その応募者に良い印象を持つようになると聞きます。応募者が自社に好印象を持ったということで、企業はその応募者の評価を上げるということは珍しいことではありません。面接官も一人の人間ですので、応募者との相性があるでしょう。応募者から好印象を持ったと聞けば、その応募者に対して好印象を持つでしょうし、印象があまり良くないと聞けば、その人に対する印象は悪くなっていくようです。まるで恋愛のような状況ですね。ともかく、面接で好感触を持った場合は、エージェントへは前向きに入社を検討したい旨をアピールしておきましょう。

 

転職活動がスムーズに進むかもしれません。逆に、面接での感触が良くなかった場合はどうすればいいでしょうか。その場合も、正直にエージェントに伝えましょう。遠慮することはありません。必ずしも面接を受けた会社に入社することはありません。無理して、相性が悪い会社に仮に入社しても、勤務が続けられる自信は持てないのではないでしょうか。感触が良くなくて、話をこれ以上進めたくない場合は、なぜ辞退をしたいのかを正直にエージェントに伝えましょう。今後のマッチングの参考にもなるので、エージェントへは正直に具体的にお伝えするのがいいでしょう。企業へはエージェントが差しさわりのないように辞退理由を伝えてくれます。


このページの先頭へ戻る