内定をもらったら条件の再確認【DODAガイド】

見事内定をもらえる事になった場合、『DODA』とから通知されます。内定の知らせをもらったら、確認すべき事があります。

 

■確認事項
・今回の内定に対する回答期限
・勤務形態などの提示条件の確認

 

これらを必ず確認するようにします。

 

まずは、内定を受諾するまでの期限をしっかりと確認します。大抵の場合、内定が出されてから一週間程度で回答をするように求められるかと思います。もちろん、複数の企業に申し込みをしている場合、内定の回答を待って欲しいという方もおられるかと思います。そういった場合にも、『DODA』に回答期限の延長をお願いすることをおすすめします。

 

 

内定を承諾するのかしないのか?は慎重に検討する事が大切です。そのためには、「オファーレター」を確認しましょう。オファーレターは、採用条件や内定通知書そして、労働条件通知書これらの書類の事をさします。この書類は、直接企業から渡される場合もありますが、転職エージェントを経由して渡される事もあります。まずは、このオフレターを確認して、内定を受諾するのか?期限までしっかりと検討する事が重要です。企業によっては、採用自体に慣れてないところもあります。こういった場合に、条件が不十分である事も多いのです。入社後にトラブルが起こらないようにするためにも、オファーレターを見てしっかりと検討します。仮に、採用条件について不明確なところがあったり、質問したいことがあった場合は、転職エージェントのスタッフに相談するようにしましょう。

 

オファーレターを見た上で内定を受諾を決意した場合でも、提示された年収金額に満足が行かないという方もおられます。もちろん、年収の交渉も可能です。しかしながら個人で年収の相談をするというのは勇気がいる行動にもなります。その際には転職エージェントに交渉を依頼するようにするといいでしょう。

 

ですが、一つ心配なのが、年収の交渉をする際には「リスク」がどうしても伴ってしまう点です。もちろん、リスクといっても出された内定が無くなるという事は基本的にはありませんが、年収に不満があるという事を伝えるという事は、勤め始める前に印象を悪くする可能性もあるのです。希望する年収額をもらえるようにするには、内定をもらう前に必ず転職エージェントに希望している年収額をしっかりと伝えておく事が大切なのです。


このページの先頭へ戻る