入社するかどうかを決める【DODAガイド】

入社の意思決定をする

 

内定をもらったら、条件などを確認していきます。すべての確認を終えて、入社を希望する場合は、『DODA』とにその旨を伝えます。入社の意思を『DODA』があなたに変わって企業に伝えてくれ、転職が決定するという運びになります。あとは新たに務める事になる企業側と調整しながら、細かいやり取りを進めていき、入社へと進んでいきます。

 

ですが、内定をもらったにもかかわらず、やはり決断に踏み込めない人もいます。そういった場合は、企業側との面談を行う事もありまsう。この面談というのは、企業の善意によって行われるものですので、もしこのような機械に巡り合えたのなら面談に参加してみることをおすすめします。企業側の担当者に質問が出来る最後のチャンスですので、わからない事、疑問な事あらゆる質問をされると良いと思います。

 

もちろん、このような面談の機会を与えられたにもかかわらず、やはり内定を辞退したいという方もおられるでしょう。面談を行っているさなかでの辞退ならまだ良いのですが、内定が出てからの自体という事になると、企業側にはもちろんの事、転職エージェントにも迷惑がかかってしまう事は間違いありません。もし、内定後に辞退したいと思うのであれば、辞退の理由を転職エージェントに伝え、話し合いをするようにします。話し合いをしっかりして、出来る限り明確な辞退理由を伝えなければ、内定を出した企業に対しても失礼にあたります。また、転職エージェント側にとっても、納得が行く辞退理由がなければ、今後新たに求人を紹介する際にも影響を与えかねません。

 

最悪なのは土壇場のキャンセル

もちろん、入社の意思決定を企業側に伝えたあとでの辞退というのは、より迷惑がかかります。あなたが出した入社の意思を持って企業側はあなたを受け入れる為の準備が着々と進んでいくのです。例えば、入社にあたって各部署に通知をしたり、また仕事で必要なものの用意を進めたり、企業によっては人事異動の計画を勧めている可能性もあるのです。準備だけではなく、コストもかけて貴方の迎え入れの準備をするわけですから、入社意思を伝えた後で自体ともなれば、企業に損害を与える可能性も否定できないのです。入社意思を伝えるという行為は、何があっても必ず入社するという意志のを示す物です。その意思は絶対に揺るがないものでなければいけないのです。

 

転職をするわけですから、今現在勤めている会社から退職をする事になります。退職をするにあたっては、様々な交渉と手続きが必要になってきます。仮に、強引に引き止められる事があったとしても、当たらしい企業への入社の意思を揺るがしてはなりません。大きな人生の転機とも言える入社意志の決定となりますから、それゆえに、慎重検討し、そして決断をしたのなら揺るがない強い心をもってください。


このページの先頭へ戻る