エージェントと企業による書類選考【DODAガイド】

2段階の書類選考が行われる

 

『DODA』を利用して、求人に応募すると書類選考に進むわけですが、実は2段階の書類選考が行われることとなります。まず、『DODA』で書類選考が行われることになり、そこを通過すると次に企業内での書類選考に進めるといった流れになります。ですから、まずは『DODA』内での書類選考を通過する必要があるというわけです。

 

転職エージェント内で行われる書類選考の意味

転職エージェントを利用し求人に応募をしても、その応募自体がすぐに企業に届けられるというわけではないので、その点を留意しておきましょう。企業側は、転職エージェントに採用の初期段階を任せていますから、まずは多数の応募者を最低でも要件に満たす応募者のみに絞り込まなければなりません。ですから転職エージェントは、応募用件に満たない応募者を落とす必要があり、転職エージェント内で書類選考が行われるのです。この仕組みに疑問や不満をもつ応募者もいるかもしれません。応募したい企業に書類選考されるならまだしも、転職エージェントに書類で落とされるのは納得いかないと思う人もいることでしょう。しかしそれは大きな間違いで、転職エージェント内での書類選考に通らないということは、企業側が求めている最低条件を満たしていない、という意向と捉えられるからです。仮にそのまま企業の書類選考に直接行ったとしても、落とされてしまうのはほぼ決定的と言ってもよいでしょう。

 

転職エージェントは、もちろん転職希望者のサポートを行いますが、同時に企業の採用活動も支援しています。企業の採用活動の初期段階を代行しているわけでもありますから、転職エージェントが書類で落とした=企業側も同意見である、と見なすことができるわけです。転職エージェントとしても、企業側に採用される人材を紹介することで、コミッションが発生しますから、有用な人材を書類で落としても何の得にもなりません。このような事から踏まえて、転職エージェント内で書類選考に通らないということは、企業に紹介しても書類選考で落ちると判断された人材であるということが明確であり、その事実は受け入れなければなりません。

 

また、転職エージェントが求人を紹介したにも関わらず、書類選考で落としたというケースもあり、これに納得いかない人もいることでしょう。この場合は、応募条件を満たしたので求人が紹介されているわけですが、その他にも応募条件を満たした候補者が存在し、更にスキルを持っていた人物が存在したということが考えられます。複数の候補者が同時に応募していたとしたら、スキルの高い人材を企業に勧めることになるのが、転職エージェントの職務です。企業側も、応募条件を満たしている候補者の中でも更にスキルの高い人材がいるのであれば、そちらを採用したいと考えます。人材を選択する過程において、どうしても相対的に比較されることは避けて通れないので、このようなケースも生じてしまうというわけです。

 

それでも、せっかく応募するのであれば企業側にも目を通してもらいたい、と思うのが求職者側の意志でもあります。であれば、書類選考してほしいという意志を添えた「志望動機書」をプラスして、履歴書、職務経歴書の提出をしてみましょう。自分自身で、どれだけその企業に入社したいか、応募した理由はどうしてかといった高い意欲を積極的にアピールするのです。企業側からすると、意欲とモチベーションの高い人材を採用したいと考えるのは当然ですし、それだけ会社に好意を持ってくれているんだ、と好印象になります。

 

場合によっては、応募条件に満たしていない項目があったとしても、意欲を買ってもらうことが叶い候補者として選考の場を与えてもらうチャンスにつながることもあります。これは、転職エージェント内でも同様です。キャリアアドバイザーと良好な関係を築くことでも、選考結果を左右する一つの理由となり得ます。キャリアアドバイザーが高い評価をしている場合、その応募者は企業に積極的に推してくれることにもなりますから、キャリアアドバイザーに対しても積極的にアピールし、相談したりなどして信頼関係を築いておきましょう。

 

 

企業での書類選考につい

『DODA』が書類選考を通すと、次はいよいよ企業側での書類選考に進む事となります。企業内で行われる書類選考の機関は、3日間から1週間といわれていますが、早ければ1日で終了することもあります。長い場合には2ヶ月とほど期間を要する事もありますので、企業の採用繁忙期やタイミングなどにより大きく変わると言えるでしょう。書類選考の期間が長いと、次の転職活動にも支障をきたすこともありますから、転職エージェントにこまめに確認するようにしてもらいましょう。

 

書類選考で何ヶ月も待たされるとなれば、応募している求職者から見ても、その企業のイメージはマイナスになってしまうはずです。そういった事もしっかり踏まえているのが転職エージェントですから、どんどんプッシュしてもらいましょう。転職エージェント側の立場としても、せっかく採用される可能性のある人材がいるのにも関わらず、書類選考に時間がかかりすぎることで、その人材が企業に興味をなくしてしまったといったことは避けたいわけです。

 

その他にも、『DODA』では企業に提出する履歴書、職務経歴書などのまとめ方、企業側に目に留まるような書類の作成方法などをアドバイスしてくれますので、利用できるサービスはどんどん利用し効果的に使うようにしましょう。


このページの先頭へ戻る